インプラント治療

無痛治療

静脈内鎮静法を導入したインプラント治療

静脈内鎮静法とは?

静脈内鎮静法とは、うたた寝をしているような状態、あるいは、ほろ酔い加減のような状態でリラックスして治療を受けることができる治療法です。
ストレスが無くなり、ほとんどの場合、いつの間にか手術が終わっていたという感じがすることから「無痛治療」とも呼ばれています。
全身麻酔のように完全に意識がなくなるわけではありませんが、手術中のことを覚えていないことが多いため「あっという間に手術が終わった。とても楽だった。」という患者様がほとんどで、「いつ手術が終わったのかわからなかった。」という患者様もいらっしゃいます。

静脈内鎮静法はこんな方におすすめです

  • 手術に恐怖心をお持ちの方
  • リラックスして楽に治療を受けたい方
  • 一度にたくさんのインプラント治療をされる方
  • 口の中に器具が入ると「オエッ」となってしまう方
  • 持病が気がかりでインプラント治療はちょっと不安という方

静脈内鎮静法の流れ

モニター類(血圧計・心電図・血液中の酸素を測定するクリップ等)を装着します。

腕または手の血管に点滴をするための注射を行います。

点滴からお薬を流してリラックスした状態に調節します。
だんだん「ボーッとした気分」、「フワフワした気分」になってきます。場合によって寝てしまうことがあります。(お薬の効き方には個人差があります。)

手術を開始します。

手術が終了するころに目が覚めるように、お薬の投与を終了します。
(お薬の効き方には個人差があり、手術中のことを断片的に覚えていたり、手術の最後のほうを覚えている場合があります。)

腕または手の血管に点滴をするための注射を行います。

無料相談会を実施しております

インプラントがよくわかるパンフレット無料進呈中