当院のインプラント

高性能CT

より安全な治療のために

より安全な治療のために

当クリニックでは歯科用CTスキャンを導入しております。
より良い診断と安全な治療のために歯を支えている周りの骨の状態を知ることは大切なことです。
CT画像は顎の骨の立体的な形態や、神経の位置把握、さらに骨密度の診査などに利用されます。

レントゲンとの違い

レントゲンは2Dですので見えない部分も多く、インプラント治療には向きません。
その点、CTスキャンは3Dですので、レントゲンでは見えなかった骨の断面を見て神経の位置や骨量を確認することが可能です。
また、インプラントだけでなく、矯正や根管治療、親知らずなど、幅広く歯科治療に応用することも可能です。

CT導入のメリット

CT導入のメリット

患者様の骨の状態が非常に良くわかります。
上の顎だと合併症はあまりないですが下顎だと神経が走っています。
その神経にどれぐらい近いかなど、即時に判断したり、手術中にどれぐらいまで神経に近づいてしまったかをCTを撮って確認することができますのでより安全にオペができます。

治療を行う前だけ撮影するものと思われがちですが、治療中・治療終了後にも撮影を行い、常に状態を確認します。

無料相談会を実施しております

インプラントがよくわかるパンフレット無料進呈中